Dota2では、ヒーローアーマーは基本的に、自分で素材を集めて作っていく必要があります。ショップで素材を購入するだけで全てを集めることができる簡単なヒーローアーマーもあれば、かなりの手間をかけて手に入れなければならないものもあります。ショップでの購入ができず、特定のクリープがドロップしたものを手に入れなければならないような難易度の高いアーマーは、ヒーローの持っていない能力が追加されることもありますので、一度手に入れるとDota2の世界では非常に有利になります。そのため、できるだけ素材集めをしなければなりませんが、アイテムは基本的にヒーローのインベントリのスペースを取りますので、何でもかんでも持ち歩くというわけにはいきません。レシピアイテムも手に入れて、無事にアイテムを合成したときには素材は自動的に消えますが、どういったアーマーを作るかをあらかじめ決めておかなければかえって効率の悪いことになるでしょう。
なお、Dota2の世界では、アイテムによっては使えるヒーローと使えないヒーローがいることがあります。また、消耗品や一部のアイテムはやり取りが可能ですが、基本的には他のヒーローが購入したアイテムは使用できません。